アルバイターの実態

求人の中でもアルバイトという言葉は、随分と曖昧になってきました。以前は、アルバイトというと、学生たちのお小遣い稼ぎ程度のものであり、家庭教師やコンビニでの数時間の拘束で、仕送りのほかに、自由に使えるお金を手にするのが目的でした。現代でも、アルバイトの主流と言えば、大学生や高校生です。社会勉強の一つとして行なっている方も多いですが、もっと遊ぶ金ほしさの動機が一番でしょう。アルバイトの形態はそのままですが、その募集の仕方には大きな変化も現れています。今やインターネットの時代、求人もサイトなどにアルバイト募集を掲載することで、そのままネットで応募、面接で採用の形もよくあります。履歴書って何ですか?という若者もいるくらいですから、常識はずれのアルバイターも少なくありません。学生たちにアルバイトを強いる場合、お金を稼ぐことの苦労を理解してもらうことになりますが、こんな大変なことはしたくないとか、どうせアルバイトなのだから、もっと楽に稼ぎたいという不届き者も存在しているようです。その一方で、今まで親の敷いたレールの上を走ってきた大学生たちが、一人で生きることをやっと分かったとアルバイトを通じて目覚めるというドラマチックな展開もあります。一風変わった子どもたちは少数ですが、募集をしたところで、どんなアルバイターたちが生まれるか、楽しみでもあり、恐ろしいような気もするという求人担当者も少なくないようです。

 

[求人情報]
・忙しい方のアルバイトにぴったりな内職の仕事情報サイトです⇒内職
・塾講師のアルバイトの仕事情報を掲載しているサイトです⇒塾講師

アルバイターの実態

正社員ではないけれど 企業側の都合により、正社員をカットし、アルバイトやパートなどの非正規雇用者を多く雇う傾向もあります。派遣という形ではなく、数ヶ月単位での更新で、比較的安い給料で雇うという形です。最初からアルバイトとして働く場合、問題なのは時給で、学生の場合その数ヶ月単位の更新というのは、かえって好都合になります。短期間での更新をす・・・ >>詳細はこちら
裏バイトについて アルバイトを探している誰もが、できれば時給の高いところで働きたいと思うことでしょう。それはもちろん魅力的なことではありますが、時給が高い分、やはりわけありの求人も存在します。いわゆる裏バイトと言われているものです。実際に情報誌などに掲載されることはないのですが、お金が良いけれど、体を張ったもの、ちょっと怪しいもの、危険・・・ >>詳細はこちら